alyssaaaa966’s blog

興味のあることを探したい

美意識の高まり

実は今、フェイシャルエステに月1で通っている。そして、通い始めて1年になった。この1年で間違いなく美意識は高まり、今後も高まりの余地があるように思う。

 

というのも、ここで言うのも少し恥ずかしいけど、最近脱毛について考えている。個人差はあるとしても、初めての大胸筋矯正サポーターや月1の刺客に対面し始める小学生、ニキビが多くなる中学生、化粧が気になる高校生などを経て、ゆくゆくは脱毛に手を伸ばす。そういう美容の成長過程なんだと私は思う。たぶん。

 

特に脱毛には経済力を伴う。大人の女子トークは主に脱毛と眉毛の話をする。(暴論)

 

てことで、初めて脱毛サロンの無料カウンセリングを予約して説明だけ聞いてきた。フェイシャルエステのおかげで、美容にお金をかけることにも、サロンに通うことにも慣れた。強くなった気持ちでいた。

私は甘かった。

 

全身コース  1回5〜6万円  月2回

短期間で完了可能なコース+3万円

約1年で完了

 

脱毛とはセレブの嗜みであったか。払わなくても生きていけることに、こんなにお金を費やすことはできない。自己処理の手間や時間+αにここまでの価値は見出せない。ただ、もっと安いプランもあったけど、それでも高いと感じた。これが1週間ほど前の話。

 

その後、他店と比較してみると、この店は価格が高い部類だった。安心した。ということで、次に最も価格が安いと言われるところに説明を受けに行ってきた。価格以外の口コミも良好なのはチェックした。

 

カウンセリングの結果、価格は全身で総額25万円ほどだった。高いのに、すごく安く感じてしまう。少し迷ったが、ボーナス1回分で生涯の手間が省ける、生まれながらにして背負いしモグラ叩きの業から解放されると思って契約した。節約も大事だけど、使える時に使うことも大事だよね、そうだよね。お肌つるすべが約束されてしまったぜ。名古屋に住みたい。1つだけ、ここでは言えない問題は発生したけどね。困ったあああ。

 

あと、興味本位でカラコンを買ってしまった。度ありもあるの知らなかった。一度、カラコン入れて二重にしたらどんなふうになるか遊んでみたい。

 

また、ワコーなんとかっていう大胸筋矯正サポーター専門店で胸郭の周径を測定してもらった。もう大胸筋矯正サポーターにも満たない、もはや肋骨固定バンドでしかないんだけどね。体重5㎏増えてもいいから1かっぷくれって思う。胸がないと嘆く女友達を見ると、これでもそれが言えるのか!?と私のを触らせて黙らせてやりたいと毎回思う。自分のことブスだとか言ってSNSに可愛い自撮りあげてる人と同じに見えてしまうんだ。でも悩みは基準値じゃなくて個人の感じ方ですね申し訳ありませんでしたー。私は他人を妬みやすいのだろうか。

 

女子力は美容部門だけではない。家事部門にも着手しなければならない。しかし、家事スキル向上モチベは低いのが現状。私の場合、成長を他人が認識してくれないとモチベに繋がりにくい。だから、家事モチベを上げるには、それを近くで見ていてくれる人が必要だな!ということですよ!

最終的なゴールが不明瞭でも、その過程の段階で無理なくモチベを保てることはすごいと思う。そのモチベの根底には、自己満足の他にも想いがあるんだろうけどねうふふ。

 

お小遣いほしい。

 

趣味の幅

私は深くのめり込んでいるような趣味はないけど、少し手をつけた程度のものは多いと思う。でも、続いたことがない。これが趣味です、と言えるものがほしい。

 

中学生の頃までの習い事はエレクトーン、習字、水泳、ゴルフ、塾。部活は小学校がバスケ部、中高が陸上部だった。小学校の頃も期間限定の陸上部には入っていた。

その他、家の中で見よう見まねでドラムを叩いたり、お絵かきしたり、DTMを触ってみたり、ゲームを途中まで作ってみたりしたこともあった。100均でレンズを買ってきて手作りVRゴーグルも作った。

f:id:alyssaaaa966:20180509205117j:image

 

こんなふうに興味を持ったことをすぐにやってみるのだけど、飽きるのが早い。せっかく買ったペンタブも1回しか使っていない。気が向いたらやろうとは思っている。いつもなんとなく把握したり、一部できたりすると、満足して意欲が薄れてしまう。もし、これが異性関係にも言えると大変なことだ。良く言えば興味の対象がたくさんあることになるのだけど、目標値が低いために努力をしない。こういうのを器用貧乏と言うらしい。我は広く浅く人間。

 

今は、興味の対象が見つけられていないのもあってか、空いた時間に何をすればいいのか、自分が何をしたいのかわからない状態になっている。家の中で1人で過ごすより、どこかに遊びにいきたい人間に変わってきているのかもしれない。いい変化のように思えるけど、1人で時間を過ごせることもやっぱり必要だと感じた。

 

何かおもしろいものないかなぁ。

ぐるぐる

私はいま田舎で一人暮らしをしているのだけど、仕事が終わると"無"になってしまう。なぜか動く気力がなくなって、3時間くらい座椅子から動かないでいることもある。いまも車の中から出られずに1時間が経っている。動き始めれば動けるんだけどね。現実逃避をしているのか、体力がないのか、だらしないだけなのか。そんなにストレスは抱えていないと思う。

 

自分のことはあんまり好きじゃない。迷惑なことはしないけど、自発的にまわりへの気遣いができないと思うし、そもそも人の気持ちを考えるまで思考が及ばない。自分のことで手一杯。話の言外の意味を汲み取ることもすごく苦手。なのに、まわりの人々は優しくしてくれる。環境に恵まれていて、自分だけ身に余るほどの扱いを受けている気がする。ただ受け取ることしかできない自分に少し怒れる。なのに、どうしたらいいのかわからない。

 

25年生きてきて気遣いとかその他諸々学ぶ機会はたくさんあったはずなのにできていないし、もう一生身につかないのではないかと思う。

 

ここまで見ると、考えていることからすごくいい人に思えるかもしれないけど、結局は自分のためだけにしか動けないんじゃないかって可能性もある。人に対する興味も比較的低いと思う。人が喜ぶことをしてあげたい気持ちはあるけど、いまそう書くとそうでもない気がしてくる。

 

大人になれていないくせに、一方では大人になってしまって、当たり前に思うことが増えて、喜びやありがたさを感じにくくなっているのもまた駄目。このままでいいのかなと思っていても、そのために何か努力するかと言われたら難しいなと感じてしまうし、そのことにまた駄目さを感じてしまう。思いやりのある行動や気遣いができる人ってすごいな〜と思いつつ、どこかで嫉妬している気がすることも駄目。せっかく昔より閉じこもることがなくなったのに、こんな気持ちを抱えて誰かと一緒にいることは許されるのだろうか。という思考はやめよう。

 

いい意味で自分勝手というか、欲のままに動くことも必要な気がする。話したいから話す、一緒にいたいからいる、遊びたいから遊ぶ。それが結果的にお互いが楽しければいいのかなとも思う。

 

楽しいことは楽しいと感じるし、まだ人生経験していないことがたくさんあってわくわくもするし、幸せだから精神上は大丈夫だと思う。私はわりと適当だし楽観的だと思うけど、いまこんなに長々と書けてしまったことにびっくり。

 

動けなくなる理由は、一人になるといろいろと考え込んでしまうからなのかもしれない。なんかこれが一番適切な気がする。だから、外に遊びにいくことがすごくためになる。この閉鎖的なくらいの田舎から早く引っ越したほうがいいのかな。

 

結婚も子育てもしていないのに空の巣症候群になったみたい。一体私は何に燃え尽きたんだ。中学生の頃は部活の朝練、授業、部活、習い事(平日毎日2時間)、帰宅してから宿題してた。土日も部活や習い事や大会。たぶん、これ以上ないくらい多忙な生活をしていたから、頑張りの基準が高くなっている。それで自分を褒めることができなくなって、余計に沈んでいくのはあり得る。

 

悲観的なことは考えずに、もっと外に出てまわりに何かいい影響を与えられるようになりたい。といっても、口数が少ないことからやり直しだな。心は穏やかだから、どうかこわがらないでほしい。あ、またまわりに要求しちまった。

 

遊んでくれる人たちに非はないし、むしろ感謝しているし、これらはいつも考えていることなので、そのへんは気にしないでほしい。あっ。

 

 

スッポンポン楽しかった。

 

 

 

 

名駅放浪記

週末の日記。

18:00 なごやん飲んだくれ部

いい話が聞けたし、いい話をしたと思っている。人の恋バナおもしろい。途中、テトリスぷよぷよが違う意味で使われてしまっていた。そういう系の話に前より笑ってしまうようになった気がする。しもねたに弱い変態になってしまったようだ。正直、変態の素質はあると思う。そしてずっともぐもぐmfmfしててお腹poんpoんになった。

 

飲んだくれ終わり。翌日も名古屋で予定があったので、帰らずに名古屋にとどまることにした。

 

22:00 Q3でぷよぷよ

4〜5クレくらいぷよした。たぶんAC触ったのは8月以来。操作遅いし、凝視できないし、本線一本になってた。

 

23:00 ネカフェで夜を過ごす

翌日のコンタクトレンズを忘れたので、つけっぱなしでがんばると決めた。おやすみなさい。

 

7:30 お風呂に到着

名駅から徒歩20分くらいのホテルへ向かった。なんと500円で入浴、フィットネス、マッサージチェアが使い放題で素晴らしかった。マッサージチェアで寝てた。

 

11:00 丸亀製麺

リヨンっていう喫茶店に行こうか迷ったんだけど、丸亀製麺へ。牛とろ玉うどん美味しかった。アプリのクーポンでたけのこの天ぷらも食べた。少し歯茎が痛かった。

 

11:30 ヒトカラ

名駅のカラオケBanBanでのヒトカラはわりと行く。採点モードにすると自分の歌を再生できることを知ったので、モノマネ気取りが捗った。ワルキューレ坂本真綾いきものがかりを歌っていた。

 

15:00 友達とエステへ

なんと私、実は月1でお顔のエステへ通っている。汚れをたくさんとってもらえる。終わるとすごくツルツルお肌になる。私は基礎化粧品にはお金をかけていて、普通の化粧品はキャンメイクとか安いものにしている。土台大事主義。あ、土台は愚形かもしれない。

 

17:00 友達とごはん

誕生日プレゼントをもらった。ボディケア系のものだったから、綺麗になりますようにーつって磨こうと思う。体の土台は弥生時代だけどね!ってやかましいわ!

しかし、恋バナきくのたのしいね。そして私がアドバイスする側であることもおもしろい。わりといいことを言えていると思う。我々も大人になったもんだ。感謝。

f:id:alyssaaaa966:20180422201028j:image

 

これら全部名駅から徒歩圏内というね。充実した休みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

女心の教え

今日はこのまえ私が友達との会話から得た女心情報の一部を書いておこうと思う。

 

①小鼻のへんとか見ないでほしい

女の子が俯くようにして顔をよく見せてくれないことがあるかもしれない。特に午後や仕事終わりだと化粧崩れを気にしている場合があるらしい。顔を背けられるから嫌われているとは言えないみたい。

 

②頭なでなでは諸刃の剣

たとえ好意をもっている相手からだとしても、

・頭なでなでは普通に嬉しい人

・仕事終わりとかではなく、自分の身なりが整っていれば受け入れられる人

・頭を触られること自体拒否したい人

などに分けられる。その場にいた5人がこれらに分類された。頭を触られるの嫌!って人に対して、周りの人は"いるよねー、そういう人"という反応であった。好きな相手でも頭を触られることが嫌な女の人は意外といるのかもしれない。したがって、最低でも好意を持たれている確信がないかぎり、頭に触れるのはおすすめできないことがわかる。

 

③結局は

されて嬉しいことや嫌なこと、許せること、許せないことは人それぞれなのかもしれない。だから、相手に求めるものも同様、女の人それぞれに優先順位があると思う。とにかくお金持ちがいいという先輩は、

お金さえ入れてくれれば海外出張にでもどこへでも行ってらっしゃい!あとは自由にやっておくから!と話していた。強い。

反対に、暇があれば会いたいという人もいる。みんな違っていて難しい。

 

だから、仮にモテ講座を書くことになったとしても、それは私が思うモテであって、他に通用しない場合も考えられる。自分自身の攻略法を書き連ねるのは少し恥ずかしい気がするので、やめておこうと思う。楽しそうではあるけど。

 

 

 

目を閉じるのは得意、口を開くのは苦手

私は写真がとても苦手だ。撮るのは好きなんだけど、撮られるのが苦手。楽しい場面でも笑顔でうつることができない。

 

目半開きの常習犯なうえに、出っ歯なので歯を出すことに抵抗感がある。しかし、ムッと力を入れないと前歯がチラリしてしまう。そのため、たぶん真顔よりもひどい仏頂面になりやすいと思う。

表情だけでなく、体も緊張してしまう。写真を撮られる時は消えてしまいたい気持ちになるので自然と縮こまるが、足は棒立ち。しかし、身長はあるため写真の外側に沿って佇む木というかフレームと化している。

この前遊園地で写真を撮ったときもやっぱり楽しくなさそうに見えたから、こういうことを考えてしまった。一緒にいる人にも申し訳ない。

 

もうひとつは自信のなさも原因にあると思う。髪はぺしゃんこで朝でも汗で額に張り付いたような前髪になる。しかも、頭を触ると赤ちゃんの髪の毛かってくらい頭皮が近い。後ろで髪をしばって前から見ると、ガチガチに固めたオールバックのようだし、変に割れた前髪のせいで仙水忍みたいになる。

f:id:alyssaaaa966:20180415163832j:image

 

どうしてこうも不自然に感じるというか、いつまで経ってもあか抜けないんだろう。服装とかはましになったと思うんだけどな。悲しい。

 

以前、写真を撮られる際のアドバイスとして

「自分の肩に天使が座っていると想像するといいよ」

と言われたことがある。これは母の助言なんだけど、いろいろとすごい。まるで参考にならない。

 

関係ないんだけど、タイトルがちょっといやらしいなーと思うくらいには内面だけ大人になった。髪が張り付くのも状況によっては、とかね。私はもう終わりです。

 

膨らむ妄想

こんなテレビゲームがあったらおもしろそうだと勝手に想像しているものがあるので、それを書こうと思う。

 

ポケモンのレースゲーム

走行中、ゲージが溜まると技の使用が可能。技はスタート前に選択可能。

(例)ピカチュウ

・電光石火  一定時間速度アップ

ボルテッカー  電光石火よりも短時間の速度アップ+無敵

・雷

ポケモンは全然詳しくないんだけど、他にも地震とか、眠らせる技とかありそう。あとは波乗りだと一定時間の速度アップ+後方の敵の足止めとか。前の敵と場所を入れ替える技があったりしてもおもしろそう。相性によって技の効き目に差があったり、効果がなかったりしてもよさそう。ポケモンに強弱の差が出ちゃうかな。

 

ハンターハンター格闘ゲーム

幽遊白書はあるんだけどハンターはないよね?これあったらおもしろそう。オーラが溜まると発が使える仕様。オーラを使いすぎたら隙をみて練。トランプを投げるヒソカや針を投げるイルミ。クラピカのエンペラータイムやビスケの本来の姿、ゴンさんみたいに、キャラによっては強化モードに入るとか。ナルトの格闘ゲームが参考になりそう。ストーリーモードもあってほしいね。王は幽白100%格ゲーの戸愚呂弟ポジションで。絶対勝てないやつ〜!

 

こういう妄想が好きです。